インプラント治療の9つの効果

0120-130-218

営業時間 9:00~18:00(月~金)

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-13-17 松岡ビル4F

ブログ

インプラント治療の9つの効果

歯を失ってしまった・入れ歯が合わない・歯を抜かなくてはならないなど人によって歯の悩みは様々ですが、最近よく聞くインプラント治療っていったい何なの?と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回はそもそもインプラントとは何なのか?インプラント治療を行った場合どのような効果(メリット)があるのか?についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

1. インプラントとは何か?

最近では、「インプラント」と聞くと歯科治療を想像される方が多くなり認知度が高くなっていますが、「インプラント」とは体内に埋め込む医療機器や材料の総称で、実は身体全体に様々な用途で使用するインプラントがあります。

 

a. 損傷した関節を人工の関節部品と交換することで関節の動きを正常に機能させる人工関節インプラント

関節インプラント

 

b. 病気や事故で耳がない人などにエピテーゼを固定するための顎顔面インプラント

顎顔面インプラント

 

c. 心臓のペースメーカーや美容整形の目的で体内に埋め込むシリコン材料など

いずれもインプラントです。

 

様々なインプラントの中で、歯を失ってしまった時に顎の骨にチタンのネジを埋め込んで歯の機能を回復させるための人工歯根を歯科インプラントといいます。

以下、「インプラント」=「歯科インプラント」とさせていただきます。

 

2. インプラントの効果・メリット

顎の骨にチタンのネジを埋め込み、失った歯の機能を回復させるための人工歯根を歯科インプラントといいますが、ここではインプラント治療を行った場合どのような効果が期待できるのかを具体的にお伝えしていきたいと思います。

 

2-1. 残っている歯に負担をかけない・残っている歯の寿命を長くできる。

歯を失ったとき、保険で治療を行う場合は、ブリッジ(接着固定)にするか、入れ歯(着脱式)になります。ブリッジを作成するためには失った歯の両隣の歯を削らなければなりません。本来であれば削る必要がない健康な歯でも削らなければならず、場合によっては削った歯の神経を抜かなくてはならないこともあります。削られた歯は大きなダメージを受けます。

また、義歯にする場合は、残っている歯に金具を引っかけて入れ歯を固定させなければならないので、金具を引っかける歯には大きな負担をかけることになります。

インプラントの場合、残っている歯に負担をかけることなく失った歯の機能が回復するため、ご自身の歯を健康に保つことができます。

    

 

2-2. 違和感が少ない

口の中はとても敏感です。髪の毛1本でも入ってくると違和感がありますよね。

口の中に今までなかった物が存在すると違和感が出るのは当たり前です。ブリッジの場合はそこまで大きな違和感を感じることはありませんが、入れ歯の場合は残っている歯と歯茎で維持・固定をさせなければならないため、引っかける金具の構造や歯茎を覆う部分が大きく、違和感が出やすいものです。実際に違和感が強いため、入れ歯を使用できないという方が多いのも現実です。(入れ歯も何度も調整を重ねて慣れることができれば快適に使用出来る方も多くおられます)インプラントの場合は、顎の骨にネジを埋め込んで歯を固定しますので構造がコンパクトです。そのため、違和感をほとんど感じずにお過ごしいただけます。(個人差や症例による違いがあります

歯がない場合の治療方法

 

2-3. 硬い物・粘着性のある物をしっかり咬んで食べることができる

ブリッジの場合、支えとなっている歯がしっかりしている限りそこまで咬む事に支障はないと思います。しかし、ブリッジの支えとなっている歯が負担を受けている実感がないため、ついつい硬い物を咬んでしまいます。そのため、支えとなっている歯は過重な負担を受けて、新たに歯を失ってしまう原因の1つになっています。したがって、ブリッジの場合は、注意して咬まなければなりません。

入れ歯の場合は歯に比べて噛む力が20%~30%程度と言われています。また、硬い物や粘着性のある物を咬むと入れ歯が動いてしまったり、噛み砕いた食べ物が入れ歯と歯茎の間に入り込んで歯茎を痛めてしまうことがあります。インプラントの場合、歯とほぼ同等の咬む力を発揮することができますし、ずれたり動いたりすることもありませんので、ご自身の歯と同じように何でも安心して咬むことが出来ます。

 

2-4. 健康増進

食事をよく噛んで食べる事は肥満防止・脳の活性化・癌の予防・胃腸の働きの促進・全身の体力向上(「噛む力」と全身の筋肉量は比例するとも言われています)など、全身にとても大きな影響を与えています。咬めることは食事がしやすいだけではなく、健康増進にも大きな影響があります。

 

2-5. 見た目が自然

入れ歯は作成する部位によって笑ったり話したりするときに見える場所に写真のような金具が来ることがよくあります。(最近では金具を使わずに入れ歯を作成する方法も自費治療があります。)

インプラントの場合、入れ歯と違い金具を引っかけることなく歯を入れる事が出来るので口元から見える部分がとても自然です。

画像:左側が入れ歯・右側がインプラント

 

2-6. 取り外しや手入れが面倒くさくない

入れ歯の場合、粘膜を休ませ清潔に保つために就寝時は入れ歯を外して洗浄をしなければなりません。そのため、入れ歯の手入れが面倒と感じる方も多く、使用しなくなる方も多いようです。入れ歯を使用しないことで全体の噛み合わせのバランスが壊れて、数年後他の部分に問題が出てしまうことがあります。インプラントはネジで固定しますので、ご自身の歯と同じように歯ブラシでお手入れすることができますので、取り外してお手入れする面倒とは無縁になります。


※正しいブラッシングが必要です。

 

2-7.  顔のタルミやシワの予防・改善

しっかり咬む事が出来なくなると、顔の筋肉は衰えてハリがなくなりお顔のタルミに繋がります。ほうれい線・・・ブルドック線・・・嫌ですよね。また、噛みにくい場所が出てきて噛む場所が偏ると、左右の筋肉のバランスが悪くなり顔がゆがんでしまうこともあります。左右の奥歯でしっかりとバランス良く咬む事はいつまでも若々しく美しくいるために実はとっても重要な事なのです。インプラント治療によって左右の奥歯でバランス良く咬む事が出来るようになると、お顔の表情を作る筋肉が発達し、若返る事が期待できます。

私どものクリニックで治療をされた患者様の術前・術後の写真が掲載されているブログの症例紹介をご覧ください。

 

2-8. 発音に影響が出にくい

ブリッジではそこまで発音に支障をきたすことはありませんが、入れ歯は異物感も大きく、上手く舌が回らないために発音に支障をきたすことがあります。また、外れるのではないかという不安から思い切り笑ったり歌ったりできない方も多いようです。

インプラントは異物感が少なく、ネジでしっかりと固定しますので、ずれたり外れたりする事は有りません。ですので思い切り大きく口を開けて笑い、話し、歌うことができます。

実際、インプラント治療を行う患者さまの治療を受ける理由として「歌を趣味でやっていて義歯をいれてから上手く歌えない」「管楽器をしているが上手く音をだせない」「英語や中国語の発音がしにくい」などを挙げられる方もいらっしゃいます。

 

2-9. 気持ち的なコンプレックスがなくなる。コミュニケーションが楽しくなる

入れ歯を入れているというだけですごく歳をとったように感じたり、コンプレックスを感じたりされる方は多くおられます。入れ歯を入れていることを20年以上奥様に言っていないという方もおられました。また、旅行に行ったときなどにコッソリ入れ歯のお手入れをしたり、上手く咬めない・笑えないために人との交流の場を避けるようになる方もおられます。歯は咬むという機能だけではなく、生活の質を上げるためにとても重要な物です。以前、私どものクリニックでインプラント治療を行った患者さま100人を対象に「治療前後に変化したこと」のアンケートをとった結果、「良く咬めるようになった(48.1%)」に対し「コミュニケーションが楽しくなった(59.3%)」の方が多い結果になりました。

      

ここまで、インプラント治療の9つの効果をお伝えいたしました。

歯の機能は皆様が思っているよりも実は生きていく上でとても重要な役割を担っており、歯を失ってしまった方の場合、インプラント治療はその手助けをすることが可能です。

 

現在主に使用されているチタン製のインプラントは1952年スウェーデンの整形外科医が、動物実験中に偶然チタンが骨と結合している事を発見し研究・開発が始まり、1965年に初めてヒトに埋められました。それから様々な研究・開発を経て、現在では正確な診断・治療・メンテナンスが行われれば、インプラント治療はとても安全性の高い治療となっております。

自費治療になりますので、治療費が高額となり、外科手術もありますので、ご自身の治療について手術前に十分に説明を受け、不安な事が無いようにしっかり理解し、ご納得をされた上で治療を開始することをお勧めいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.