インプラント治療の費用(治療費)の内容と費用の相場について

0120-130-218

営業時間 9:00~18:00(月~金)

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-13-17 松岡ビル4F

ブログ

インプラント治療の費用(治療費)の内容と費用の相場について

インプラント治療の必要性を感じていたり、興味はあるけれど、「治療費が高いイメージがある!」「自分の場合はどのくらい治療費がかかるのか?」「色々な医院のホームページをみても、治療費がわかりにくい」などで不安になってしまい、二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか?そこで、今回はインプラント治療の治療費がどのように決められるのかを以下の3項目に分けて、分かりやすくお伝えしたいと思います。

   1. インプラント治療費が分かりにくい理由
 2. インプラント治療を構成する一般的な項目とその詳細
 3. いくつかの症例に対するインプラント治療費の例

 

 

1. インプラント治療費が分かりにくい理由

1-1 インプラント治療は自費治療であり、治療費が医院によって異なる

歯を失ってしまったとき、保険適用の治療になるとブリッジもしくは取り外しの入れ歯が選択肢となります。インプラントの治療は、事故や病気でブリッジや入れ歯での治療が不可能な場合以外は、自費治療となります。

自費治療は医院によって治療費を自由に設定できまます。クリニックの設備や治療のシステム、ポリシー、人員配置などの様々な要素が絡んでくるので、一つとして同じ条件のクリニックはなく、医院によって治療費の設定が様々です。

 

1-2 インプラント一本の価格は様々な要因で変わるため明記しにくい

インプラントの治療費を算出するとき、失った歯が何本なのか?連続して歯を失っているのか?骨があるのか?歯茎の状態はどうなのか?などで費用が全く違ってきます。

状況によっては失った歯と同じ本数のインプラントを必要としない場合もあるため、インプラント1本の値段を明記する事が難しいという理由があります。
※これに関しては、後述の3.いくつかの症例による計算例にてご紹介させていただきます。

 

現状のところ1本の歯を失って、1本のインプラントで治療を行う場合のインプラント治療費の相場は20万~40万と幅があり、平均は30万程度と考えてよいでしょう。
※金額については、Webサイトの情報からランダムに抽出した金額を参考にしています。

 

 

2. インプラント治療を構成する一般的な項目とその詳細

ここではインプラント治療費を構成する項目についてご説明していきたいと思います。インプラント治療費の構成は、皆さんに共通して必要な主項目として①インプラント体の埋入②アバットメントの装着③上部構造の装着の3項目がございます。この主項目にプラスして症例や患者さまの希望によって必要となる項目❹❺❻が出てくると理解していただくと良いでしょう。

 

2-1 インプラント治療を構成する一般的な項目

 

 

2-2 3つの主項目の詳細

ここでは、インプラントの費用を構成する3つの主項目について詳しくご説明させていただきます。

 

①インプラント体の埋入

インプラント体の埋入の費用構成は、材料費手術代があります。

材料費

製品によって形や表面の処理に違いがあり、それぞれに骨や歯茎への治癒に対して特性があります。そのため、症例によって製品を選択する場合があります。また、歯科医が信用している1社の製品を選択して使用している場合もあります。

(様々な製品を使用すると。製品ごとに手術キッドやドライバー、様々なパーツなどの準備が必要になるため、1つのメーカーに絞って使用している医院が多く、インプラント専門の大きな医院であれば様々なメーカーのものに対応できる場合もある)

 

手術代

インプラント体の埋入は外科手術です。専用の器具・機材(使い捨ての物も多い)の準備や外部からインプラント専門の外科医に依頼する場合もあり、医院の体制によって費用に差がでます。

インプラント体埋入費用相場:15~22万(材料費+手術代)
※金額については、Webサイトの情報からランダムに抽出した金額を参考にしています。

 

アバットメント装着

アバットメントの装着の費用構成にも、材料費手術代がありますが、症例によっては手術代が必要ない場合があります。

材料費 

歯茎の状態や最終的に作成する上部構造によって種類は様々です。

既製のものからチョイスして使用する場合と審美性を必要とする前歯などには歯茎の状態に合わせてオーダーメイドしたもを使用します。後者になると費用も高くなります。 

手術代

インプラントの埋入手術を行った時の状態がAの場合(骨にインプラントを埋めた後、歯茎で覆う術式)歯肉を貫通させる手術が必要になります。

インプラントを埋入した際にBの状態まで行えている場合はこの手術は必要有りません。(これはインプラントを埋入した時の骨や歯茎の状態で術式が違うためです)

 

アバットメントの装着費用相場:3~5万
手術が必要な場合は別途費用が発生する場合もある
※金額については、Webサイトの情報からランダムに抽出した金額を参考にしています。

 

③上部構造の装着

上部構造の装着費の構成は、歯の型取り・作成・装着までの材質費と技工(歯の作成)料金で構成されています。材質は様々なものがあり、審美性・強度・費用等で選択します。

実はここの部分は歯科技工士が大きく関わってくるところで、技術の高い歯科技工士が作る歯と技術の低い歯科技工士が作る歯では審美・強度・機能において大きな差がでます。

また、もちろん技術の高い歯科技工士に作成してもらうと技工料金が高くなります。価格の差は材質の違いだけではありません。


※金額については、Webサイトの情報からランダムに抽出した金額を参考にしています。

 

1本の歯を失って1本のインプラントで治療を行った場合の基本価格

基本的にこちらがインプラント治療費の基本となり、患者さまの状態や希望によって必要となる処置がプラスされます。

次の項目ではどのような処置があるのか?その治療費について説明していきましょう。

 

2-3 症例によって異なる項目についての詳細

基本となる主項目とは別に、インプラントを埋入できる骨がない場合や、歯茎の形を形成する手術が必要な場合、また、患者さまのご希望がある場合などは、別途処置が必要になり費用もプラスされます。また、インプラント治療後は定期検診やメンテナンスをしっかり行うことで良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療後のメンテナンスは保険がききません(国で定められている)ので自費治療となります。

メンテナンスの金額や保障についても治療前に確認しておくと安心です。

 

❹骨造成

骨再生治療は熟練した技術と知識が必要な手術で、正しい手術や術後のフォローが行われなければ、感染を起こし逆に悪い状態になる可能性もあります。

骨造成の方法は骨の形やどの程度骨を増やしたいかなどによって選択され、材料費や手術代にかなりの違いがあります。

骨造成費用の相場:¥50,000¥350,000
※金額については、Webサイトの情報からランダムに抽出した金額を参考にしています。

<骨造成の例>

 

❺歯肉形成手術

歯茎がやせていて審美的により綺麗に仕上げたい場合や、長期的な予後をよくするために歯茎の形成手術を行う場合があります。正しい手術や術後のフォローが行われなければ、逆に悪い形になる可能性もあるため熟練した技術と知識が必要な手術です。

範囲や歯茎の形によって術式が異なり、費用にも違いがあります。      

歯肉形成手術費用の相場:¥50,000~¥100,000
※金額については、Webサイトの情報からランダムに抽出した金額を参考にしています。

<歯肉形成の例>

 

❻他

・インプラント精密検査

インプラントの診断にはCT画像が不可欠です。また、シミュレーションソフトを使った細かな診断が必要なため、別途診断料を設定している歯科医院もあります。また、CTを完備していない病院では大学病院などに撮影に行く必要もあります。10,000¥30,000 

・抜歯

抜歯から必要な場合、抜歯のみであれば保険治療で行えますが、その後のインプ ラント治療に備えて再生治療を行う場合は別途費用が発生する場合があります。

・麻酔専門医による沈静麻酔 50,000¥100,000

・定期健診、メンテナンス

 行ったインプラント治療が長期的に良い状態を保つためにとても大切です。インプラント治療後のメンテナンスは保険がききません(国で定められている)1回¥5,000¥10,000
※金額については、Webサイトの情報からランダムに抽出した金額を参考にしています。

 

上記のようにインプラント治療を行う部位の状況や患者様のご希望などは一人一人違うため、患者さまに合わせて追加される処置が必要になります。これは、実際に診察をし、CTなどで細かい診断を行い、患者さまのご希望をしっかり確認しなければ分かりません。

 

3 インプラント治療の例

インプラント治療を算出する場合は前項でお話ししたように主項目①インプラント体の埋入②アバットメントの装着③上部構造の装着の3項目の合算が基本的なインプラントの治療費となります。

それでは、いくつかの症例で費用がどの程度かかるのかシミュレーションしてみましょう。

 

a. 失った歯の本数と同じ本数のインプラントが必要な症例

1本もしくは2本連続して歯を失っている場合は、失った歯と同じ部分にインプラントを埋める必要があります。

 

<2本連続して歯を失っている症例>

  

咬み合わせや骨の状態によって、稀に3本のインプラント体が必要になる場合があります。

 

b. 失った歯の本数より少ないインプラントで治療ができる症例

3本以上の歯を連続して失っている場合は、土台となる骨の状態が良好であれば、失った歯と同じ本数のインプラントは必要なく、少ない本数でインプラントブリッジを行うことが可能です。

 

<3本の歯を連続して失っている症例>

  

咬み合わせや骨の状態によって、稀に同じ本数のインプラント体が必要になる場合があります。

 

c. すべての歯を失った症例

すべての歯を失った場合、上顎、または下顎に4本~8本(骨の状態によっては追加あり)で固定式のインプラントブリッジもしくは上顎に4~6本・下顎には2~4本のインプラントを使用して取り外し可能な総義歯となります。

 

<下顎固定式インプラントブリッジ>

  

 

それぞれ骨造成や歯肉形成など患者様の状態によって追加費用が必要になります

※金額については、Webサイトの情報からランダムに抽出した金額を参考にしています。

 

 

TOPIX:上記に当てはまらないインプラント製品がある!?

インプラント体とアバットメントが下のイラストのように一体型になっているタイプの製品があります。骨や歯茎などがある一定の条件を満たした症例に対応出来きるインプラントです。構造が単純で手術や歯を作る工程(型取り~作成~装着)等の手間が少ない為、比較的安価な価格設定になっている場合が多いようです。

1本の歯の失って1本インプラントで治療を行った場合の治療費相場:15~20万

左:2ピースインプラント 右:1ピースインプラント

1ピースインプラントは、アバットメントとインプラントが一体型になっている。

 

「じゃあこれを使用すればいいのに!」と感じる方もおられるでしょう。しかし、実はアバットメントという構造はいくつかの大切な役割を担っており、症例によって必要不可欠になります。代表的なものを3つご紹介させていただきます。

 

①骨に入れたインプラント体の角度と理想的な形の歯を作成する角度や形の補正、歯茎の形成を行う。

 

  

図のようにインプラントを入れる方向と歯を入れる方向が違う場合が多く、一体型のインプラントですと、アバットメントで調整を行う事が出来ず、機能性や審美性に問題が起きることがあります

 

②長期的な経過の中でのトラブルに対応できる構造にする。

トラブルの一例 歯の破損に対する対応

 

③歯茎形成や骨造成が必要な症例への対応を補助する。

骨造成や歯茎の形成手術が必要な場合、インプラントを埋入する際に歯茎を閉じなければなりません。そのためインプラントとアバットメントが一体型の製品では対応ができません。

 

インプラント体とアバットメントが1ピースになっている製品はアバットメントに期待する役割が必要としない限られた症例には有効ですが、長期経過に伴うトラブルへの対応に柔軟性が少ない場合もあります。よく理解をしたうえで選択すれば製品として悪いものではありません。治療を行う先生からよく説明を聞いて選択することをすることをお勧めいたします。

 

まとめ

今回はインプラント治療の治療費がどのように決められるのかをお伝えいたしました。

必ず必要となる治療費のベースはございますが、患者さまによって状態やご希望が一人一人違うため、追加で処置が必要になる場合がございます。また、歯科医院によって処置方針が違っていたり、設備や技術の違いで対応できる治療のバリエーションが違うことがございます。一度信頼できる歯科医院でご相談し、費用について細かく説明を受けることが第一歩です。

また、セカンドオピニオンで他の歯科医院で意見を聞いてみることもよいでしょう。

悩んでいる間に骨や歯茎の状態が悪くなり、「もう少し早く来ていれば簡単な処置で済んでいたな・・・」と感じる方も多くおられますので、心配を抱えている方は早めに相談を受けられることをお勧めいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。