インプラントの上に入る歯(上部構造)について

「無料カウンセリング(CT検査含む)実施中」

0120-130-218

営業時間 9:00~18:00(月~金)

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-13-17 松岡ビル4F

ブログ

インプラントの上に入る歯(上部構造)について

インプラントの費用についてのブログで、インプラントの構造について少し触れましたが、下の図のようにインプラントの構造は大きく分けて3つの構造になっています。今回はこの3つの構造の中の歯の部分(上部構造)についてお話していきたいと思います。 

インプラント体は骨の中に埋まっており、アバットメントはインプラント体と上部構造を繋ぐパーツですので患者様は直接実感することができない部分ですが、上部構造は審美性や噛み合わせなどを左右する部分ですので、患者様が日常生活で直接実感できる部分と言えるでしょう。

 

1. 上部構造の内部構造について

インプラントの構造は上記にも記載したように、インプラント体・アバットメント・上部構造の3つに分かれますが、上部構造は更に細かく分けると2つの構造に分かれ、写真のように皆さんのお口の中に見えている白い歯の部分である歯冠構造内部にあるフレーム構造があります。

上部構造の説明写真
上部構造の説明写真

インプラント同士を連結させ力を分散させる優秀なフレーム構造

インプラントは1本単独よりも隣在するインプラントとフレームで繋がることでより強度を得ることができます。特に抜けた歯よりも少ないインプラントの本数で治療を行う場合(インプラントブリッジ)、インプラントとインプラントをフレームで強固に繋ぐことで様々な方向(特に横)からの噛み合わせの力を分散し、少ない本数でのインプラント治療を可能にしています。

実は皆さんにはあまり実感のない上部構造の内部にあるこのフレーム構造はインプラント治療や治療後の予後を左右するとても重要な構造なのです。

All on 4(4本のインプラントで片顎全体の歯を支える治療法)といったインプラントの本数を極力少なくする治療法は、このフレームを作成する技術が開発・進歩したため可能になったと行っても過言ではありません。

 

2. 上部構造の材質

前項では、上部構造には歯冠構造とフレーム構造の2つの構造があることをお話しました。ここではこの2つの構造の作成方法や材質についてご説明していきたいとおもいます。

2-1 フレーム構造の材質

フレーム構造の作成方法は2パターンあり、その作成方法によって使用できる材料もいくつかに限られてきます。

1つは現代のテクノロジーの進化によって開発されたCAD/CAM(立体のデータをコンピューターに取り込んで全く同じ形を機械によって再現するシステム)で作成する方法。


CAD/CAM

もう1つは歯科技工士が材料を熱して液体にしたあと、型に流し込み、冷やして目的の形状に固める歯科精密鋳造という方法です。


歯科精密鋳造

鋳造でのフレームの作成は、歯科技工士による技術的な差が大きく出やすい為、一定した精度を実現するためには非常に高い技術と経験が必要とされます。一方CAD/CAMでの作成は特別な知識や技術が無くても安定した確実な精度と強度が可能になるため近年多くの歯科医院で導入が進んできています。

【CAD/CAMで使用される材質一覧】

ジルコニアダイヤモンドのような屈折率を持つため、模造ダイヤともいわれています。色は白で非常に硬く、熱や酸、アルカリに強いことが大きな特徴で、F1のブレーキシステムの部品やスペースシャトルの耐熱タイルにも採用されており、医療分野では、生体親和性の高さから、骨の代替素材として人工関節にも使用されています。
チタンチタン系材料は生体に使用できる主な金属製生体材料です。軽くて丈夫であることが大きな特徴で、非磁性で生体適合性が高いことから骨の中に埋めるインプラント体にも使用されています。医用分野でも多く使用されている金属アレルギーの心配が最も少ない金属です。
コバルトクロム強度と柔軟性を兼ね備えた金属で、人体に害を及ぼさない金属の一種とされています。

【鋳造で使用される材質一覧】

コバルトクロム強度と柔軟性を兼ね備えた金属で、人体に害を及ぼさない金属の一種とされています。
金合金セミプレシャス:金の含有量が約50%の金属です。
金銀パラジウム:金の含有量が約12%・銀薬50%の金属で保険で入れる銀歯に一番多く使用される材料です。

 

2-2 歯冠構造の材質

歯冠構造は実際に患者様が直接実感する審美性や噛み合わせなど生活上で大きく影響してくる部分です。

作成はフレーム構造と同じようにCAD/CAM(立体のデータをコンピューターに取り込んで全く同じ形を機械によって再現するシステム)で作成するジルコニアの材質。それ以外は歯科技工士がオーダーメイドで作成していく様々な材質がございます。

材質特徴強度審美性
オールセラミックス
  • ●全ての材料が金属を使わない陶器の歯。
  • ●歯科技工士が患者様の歯の色に合わせて自然な歯の色とつやを最も再現できる完全オーダーメイドの材質。
  • ●ジルコニアよりは弱いが硬くて白い変色しない材質。
メタルボンド(セラミック)
  • ●金属のフレームの上に歯科技工士が患者様の歯の色に合わせて焼いていくオーダーメイドの歯です。
  • ●金属が内在するためオールセラミックスと比較すると自然な歯の色や透明感の再現に劣ります。
  • ●ジルコニアよりは弱いが硬くて白い変色しない材質。
ジルコニア
  • ●「人工のダイヤモンド」と呼ばれるほど硬い(天然の歯よりも硬い)白くて変色しない材質。
  • ●3Dスキャン(機械)で削り出しで作成される。
  • ●ジルコニアだけだと天然の歯のような色を出すことが難しいため、強度と審美性両方を求める場合はオールセラミックスがお勧め。
ハイブリッドセラミックス
  • ●陶器と樹脂が混ざり合った白い材質。変色はさほどしないが、長期使用によってツヤが劣化してしまう。
  • ●天然の歯よりもやや柔らかい。
  • ●ネジで固定の上部構造の場合は破折や修理などへは対応しやすい材質。
ゴールド天然の歯に一番近い硬さで馴染みやすいが、金属になるため審美性に欠ける
硬質レジン樹脂(プラスチックの仲間)の為強度が弱い。また吸水性があるため時間の経過と共に変色する。
歯冠構造の材質と特徴
材質:オールセラミックス特徴
  • ●全ての材料が金属を使わない陶器の歯。
  • ●歯科技工士が患者様の歯の色に合わせて自然な歯の色とつやを最も再現できる完全オーダーメイドの材質。
  • ●ジルコニアよりは弱いが硬くて白い変色しない材質。
強度審美性
材質:メタルボンド(セラミック)特徴
  • ●金属のフレームの上に歯科技工士が患者様の歯の色に合わせて焼いていくオーダーメイドの歯です。
  • ●金属が内在するためオールセラミックスと比較すると自然な歯の色や透明感の再現に劣ります。
  • ●ジルコニアよりは弱いが硬くて白い変色しない材質。
強度審美性
材質:ジルコニア特徴
  • ●「人工のダイヤモンド」と呼ばれるほど硬い(天然の歯よりも硬い)白くて変色しない材質。
  • ●3Dスキャン(機械)で削り出しで作成される。
  • ●ジルコニアだけだと天然の歯のような色を出すことが難しいため、強度と審美性両方を合わせて最もよくするにはオールセラミックスがお勧め。
強度審美性
材質:ハイブリッドセラミックス特徴
  • ●陶器と樹脂が混ざり合った白い材質。変色はさほどしないが、長期使用によってツヤが劣化してしまう。
  • ●天然の歯よりもやや柔らかい。
  • ●ネジで固定の上部構造の場合は破折や修理などへは対応しやすい歯材質。
強度審美性
材質:ゴールド特徴天然の歯に一番近い硬さで馴染みやすいが、金属になるため審美性に欠ける強度審美性
材質:硬質レジン特徴樹脂(プラスチックの仲間)の為吸水性k強度が弱い。また吸水性があるため時間の経過と共に変色する。強度審美性

ジルコニアが薬事法の認可を受けたのは2005年です。現時点では治療予後のデータは多くはありません。理論上のデータではとてもよい材質ですが、インプラントの上部構造に使用した場合、耐久性のみではなく、骨に埋入したインプラント体に対してどのような影響があるのかは実際のところは残念ながらはっきりした予後データがありませんが、現時点ではとても優秀な材質とされています。

 

2-3 金属アレルギーについて

金属アレルギーの可能性は0%のものはありません。生体親和性が非常に高く医用でも多く使用されているチタンでも100%無いとは断言できませんが、他の金属と比較すると極端にアレルギーの起きる確率は低い考えて良いでしょう。

骨の中に入れるインプラント体はチタンです。時計やアクセサリーなどで症状があったり、心配のある方はインプラント治療を行う前に必ず申告し、どの金属にアレルギー反応が有るのかを調べる必要がります。

オールセラミックスやジルコニアは金属ではありませんので基本的にアレルギーの心配はございません。

 

3. 歯の固定方法

ここでは上部構造の固定方法についてお話をさせていただきます。

歯の固定方法はセメント固定とスクリュー固定の2つがあります。ここではそれぞれのメリットデメリットを説明していきたいと思います。

3-1 セメント固定

メリット
  • ・歯を作る工程(型取り~作成~装着)が簡単。高度な技術や精度が要求されないため、経験が少なくても作成しやすい。
  • ・特別な部品が不要なためコストが削減でき比較的安価な価格で歯が作れる。
デメリット
  • ・外す必要が出たときに外すことができないため壊して外すことになる。仮のセメントでつけて必要時にはずす場合もありますが、接着力の弱いセメントで着けることになるため脱離する可能性が高くなる。
  • ・装着する際に溢れ出た余剰なセメントがインプラント周囲の歯茎の中のほうに入り込み取り残しが発生する可能性があり、取り残したセメントは後に細菌の住家となってインプラント周囲炎の原因となるといわれている。
Point!
長期メンテナンスに不利
歯が割れたり欠けたりしたときに修正が難しく、作り替えが必要になる場合がある。
→再作成に費用がかかる。

 

3-2 スクリュー固定

メリット
  • ・ネジ止めしているため、外したいときに外すことができる。(自分で外すことは出来ません)
  • ・スクリュー固定で仕上げることで、冠とインプラントとの接合部は、精密に適合し細菌が滞留するところが非常に少ないため、インプラント周囲炎にかかるリスクが低くなります。
デメリット
高度な技術や制度が要求されるため、専門的な知識・技術、経験がなければ逆にインプラント体に対して問題となる原因になってしまう。
Point!
長期メンテナンスに有利
歯が割れたり欠けたりしたときに外して比較的簡単に修正や調整ができる。
→修正費のみで済みます。
外して確認をしたいとき気軽に外すことが出来る。

 

3-3 歯の固定方法まとめ

上部構造の固定の方法については患者様は聞かない限り分からないと思いますが、今後長くインプラントとつきあっていく中でとても重要な項目です。当クリニックでも以前はセメントで接着する方法をとっておりましたが、治療後のメンテナンスを行っていく中で外したいときに外せるというのは非常に有利であり、現在ではほとんどの症例にスクリューで固定する方法をとっております。また、学会や勉強会でもインプラント治療を行い長くメンテナンスに向き合ってこられているクリニックではスクリューの固定方法を取り入れているクリニックが多いように感じます。

 

4. 上部構造の材質を選択する要素

咬む力

咬む力がとても強かったり、歯ぎしりや食いしばりを行うかたは、上部構造が壊れやすい為、より硬い材質をお勧めいたします。

※あまりにも強い歯ぎしり・食いしばりのある方は、インプラント体に対して強すぎる力がかかり、インプラント周囲の骨やインプラント体・アバットメントに対して悪影響を及ぼす可能性も出てくるため、注意深い対応が必要になります。

 

審美性

材質によって色・透明感・ツヤ・長期的な色ツヤの維持等が変わってきます。より天然の歯に近い審美性をお求めになられる場合はセラミックをお勧めします。また、症例によっては(例:前歯に1本だけインプラントで他の歯は天然の歯)アバットメントからジルコニアを使用したものが周りの歯と変わらない自然な色ツヤを再現することができる為お勧めします。

 

残っている歯とのバランス

例えば、インプラントを行った部分と噛み合う歯の状態があまり良い状態でない場合、インプラント部をあまりに強い材質にしてしまうと、噛み合う歯が負けてしまう場合があります。残っている歯の状態や全体の噛み合わせのバランスをみて材質を決める必要があります。

 

金銭的要素

もちろん医療的に考えて一番良い選択ができれば良いですが、予算の問題も考えなければなりません。

治療して作成した噛み合わせや審美性を長く持たせるためにはそれなりの材質を選択しなければなりませんが、現実的には「今」とても困っている患者様も多くおられます。歯科治療は「治療が終わったら終わり!」と言う考えの方も未だに沢山おられますが、定期検診を行いながら将来的に良い歯に変えていくという考えもあってよいのではないかと私たちは考えています。

 

5. 上部構造の寿命

5-1 上部構造に起り得るトラブルとは
脱離
セメント固定の場合外れた上部構造やインプラントに問題がなければそのまま接着しなおすことができます。
スクリュー固定の場合まれにネジが緩み上部構造がカタつく事があります。ネジを締め直すことで再度固定できます。

さらにまれにネジが破損する事があります。ネジ以外に問題がなければネジのみを新しくして締め直すことができます。

破損、すり減り(咬耗)

選択した材質の強度によって破損の可能性は変わります。ジルコニア・セラミックの材質であれば見た目・強度において10年以上安定した状態を維持すると考えられています。

 

5-2 上部構造を長持ちさせる方法

脱離や破損の大きな原因は食いしばりや歯ぎしりです。

ほとんどの方が自覚無く行っているため「自分はしていない」と思われているかもしれませんが、8割以上の方が何かしらの食いしばりや歯ぎしりの習癖があると言われています。

この習癖はお口の中の状態である程度分かりますし、仮歯の段階でも確認する事ができますので、激しい食いしばりや歯ぎしりの習癖がある方はマウスピースを使用したり、咬む筋肉をコントロールする新しい治療法(ボトックス注射)などもございます。

また、他の歯との噛み合わせのバランスがとれていない場合も(例:残っている歯がぐらついてインプラントのところだけに噛む力が集中している状態)歯の脱離や破損の原因となります。

上部構造を長く良い状態を保つためには、歯ぎしりや食いしばりの有無を確認し対策をとること。インプラントを行ったところだけではなく全体的にバランス良い噛み合わせの状態を保つことが上部構造を長持ちさせるだけではなく、骨の中に入ったインプラント体の状態を良い状態に保つためにも大切です。

 

6. まとめ

今回は上部構造(インプラントの上に入る歯)についてお話いたしました。

実はここの部分は歯科技工士が大きく関わってくるところで、技術の高い技工士が作る歯と、そうでないものでは審美・強度・機能において大きな差が出てしまうのが現実です。作成する歯科技工士が直接患者様の歯の状態(色や形ect)をみて希望を聞いてくださる歯科医院もあります。

歯は人の印象を大きく左右するパーツですので、遠慮はせずに御自身の希望(形・色)をしっかりと先生に伝える事が重要です。

また、身体は日々変わっていきます。大切なのは、どんなに良い材料をいれても一生安心と思わず、定期検診をしっかり受けること。また、上部構造は今後長期的にメンテナンスのしやすい状態を作っておくことだと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。