堀部 康宏

「無料カウンセリング(CT検査含む)実施中」

0120-130-218

営業時間 9:00~18:00(月~金)

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-13-17 松岡ビル4F

専門スタッフ

堀部康宏

歯科技工士

堀部 康宏

技術者、芸術家
そして医療人として。

歯を抜いたり削ったり、治療の際に歯の型を取られた経験がおありでしょう。
あの型をもとに歯を造るのが、私たち歯科技工士の仕事です。
院内に歯科技工士を抱える歯科医院は全体の約3割にすぎず、多くはラボと呼ばれる歯科技工所に外注しています。
歯科技工士にしてみれば、ラボで造っても医療現場で造っても、歯を造るという点では同じなのに、どうしてこうも違うのか。われながら不思議です。
私は当院に来て9年目、その前は福岡とニューヨークのラボに勤務していたので、その違いが身にしみてわかります。

「チーム医療の一員」、その意識が年々深まっています

ラボで働く歯科技工士のモチベーションは、渡された型、つまり“注文”にどこまで迫れるかにあります。
自分流の美しい出来栄えにも強いこだわりを注ぎます。職人肌であり芸術家肌。
終始一貫、モノづくりの世界です。
工房である以上、当然のことかもしれません。
これに対して、当院では「患者様がどうなりたいか、どうしたいか」がすべて。
「骨造成手術をしてでも完全な歯を再現したい」
「そこまでは望まないが食事を楽しめるレベルに回復させたい」
「何よりも、きれいな歯並びを」・・・
お一人ひとりと顔を合わせ、ご希望を詳しくうかがい、できることとできないことを明確にしたうえで、
製作にあたります。
技術者である前にチーム医療の一員。その意識が年々深まっている気がします。。

患者様お一人おひとりのための微調整が必要に

歯を造っても終わりではありません。歯とは「動くもの」。
噛み合わせや舌がどこに当たるかといった基本的な要素に加え、患者様ごとに異なる顎の構造、
咀嚼時の顎骨の動き、インプラント周辺の骨の生成状況と、目には見えないさまざまな要素を予測し、
極限まで神経を研ぎ澄まして製作しても、細かい微調整がどうしても必要になってくるんです。
それだけに、たまに一度でピタッとはまったときのうれしさは、ちょっと言葉では言い表せないほど。
帰って家で飲むビールの味も格別です(笑)。

技術者としての緊張感と重圧、そして新しい喜びに満ちた毎日

正直、葛藤もあります。
本来はモノづくりに徹していればいいはずの歯科技工士が、ここまで患者様に入り込んでいいんだろうかと。
患者様お一人おひとりの事情や思いを受け止めながら、技術者として常に最高のパフォーマンスを発揮しつづけるのは、並大抵のことではありませんから。
それでも、患者様の顔や言葉を思い浮かべれば、迷いはすぐに吹き飛びます。
また当院では歯科技工士界の権威が非常勤で勤務されているのですが、先生の技術や教えに接するたびに、純粋に技術者としての喜びを感じることができます。
緊張感と重圧と、新しい喜びに満ちた毎日。
勤務を終えると、まるで漫画の「あしたのジョー」のラストシーンのように気力も体力も燃え尽きて、あとは帰って寝るだけです(笑)。
でも、心地よい疲れです。悪くないです。

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.