福岡・博多でインプラントならワンデイスマイルインプラントクリニック

前歯が抜けた

個別インプラント相談(無料:CT検査含む)実施中

カウンセリング予約
0120-130-218

営業時間 9:00~18:00(月~金)

〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-17松岡ビル4F

症例紹介

前歯が抜けてしまった。インプラントって見た目も綺麗に治るの?

前歯にインプラント治療を行った場合、見た目がどのようになるのか不安に感じる方も多いと思います。どの程度天然の歯に近い形で仕上げられるかは、その部位の骨や歯茎の条件に大きく左右されます。ここでは、前歯に対するいくつかのインプラントの症例を審美的な目線でご紹介させていただきます。

Case1 骨や歯茎の条件が良い場合

20代女性。上顎の両側犬歯が先天性欠損といって乳歯が抜けた後に永久歯が生えてこなかった症例です。犬歯がなかったために前歯がすきっ歯になってしまっています。

初診時の口腔内写真(正面)

初診時の口腔内写真(左側)

初診時のレントゲン写真

インプラント治療は骨の条件や歯茎の形が良い場合、当日すぐに仮歯を装着することが可能です。この患者様もそのケースでしたが、矯正治療を平行して行ったため、まずはインプラントを埋入し、治癒期間を使ってマウスピース矯正(透明のマウスピースを食事以外はできる限り使用してもらい歯を動かす矯正)で歯並びを治し、その後に最終的なセラミックスの歯を装着しました。

治療終了後口腔内写真(正面)

治療終了後口腔内写真(左側)

最終的な歯が入った状態のレントゲン写真

骨と歯茎の条件が良い場合は、写真のようにほとんど天然の歯との違いが分からないほど綺麗に仕上げることが可能です。

このようなインプラント治療の平均治療期間・来院回数・治療費
治療期間

インプラント治療 約半年
矯正治療 約半年

通院回数

約6回

治療費総額
最終上部構造が硬質レジンの場合
約220,000円
最終上部構造がハイブリッドセラミックスの場合
約280,000円
最終上部構造がセラミックスの場合
約340,000円

※紹介している症例はセラミックス(天然の歯に近い審美性のある歯)です
※最終上部構造は歯のことです

Case2 骨や歯茎の条件が悪い場合(骨造成無し)

30代女性。学生の時に事故で右上の前歯がゆがんでしまい、その後も少しずつ前方に動き、食事中に歯がとれてしまったということで来院されました。

インプラントを維持する骨はありましたが、歯茎のラインを審美的に修復するためには骨や歯茎の条件がそろっていない症例でした。
このような場合、骨造成や歯肉移植などを行って天然歯に近い状態まで修復するか、ある程度歯茎のラインを整えて機能面のみを修復するかの選択をすることができます。この患者様は1本だけ歯が前に出ている事を気にされていましたが、歯茎のラインに関しては後者を選ばれ治療を開始いたしました。

初診時の口腔内写真

初診時のレントゲン写真

インプラントを埋入して約半年後、骨とインプラントの結合がしっかりしたため、骨の中に埋入したインプラントと連結された仮歯を装着し、最終的な歯の形をシミュレーションします。やや歯肉のラインが対となる歯と違いがありますが、更に歯肉の形を整えるための手術までは希望されませんでした。

仮歯の状態の口腔内写真

仮歯装着時のレントゲン写真

仮歯でのシミュレーションで患者様が納得されたため、最終的なハイブリッドセラミックスの歯を作成し装着しました。

治療終了後口腔内写真

治療終了後のレントゲン写真

歯茎のラインは左右対称ではありませんが、笑ったり話したりするときに人に見える場所ではありません。患者様が気にされていた歯の出っ張りは改善され機能的な問題はないためご満足いただける仕上がりとなりました。

このようなインプラント治療の平均治療期間・来院回数・治療費
治療期間

約8ヶ月

通院回数

約6回

治療費内訳

インプラント治療  初期費用 約28万

インプラント埋入・プラスチックの歯・インプラントが安定するまでの管理費
+
最終上部構造(歯)の材質(以下から選択できます)

硬質レジン
30,000円
ハイブリッドセラミックス
90,000円
オールセラミックス
150,000円

※より天然の歯に近い色やツヤが表現できるのはオールセラミックスです。

※紹介症例の上部構造はハイブリッドセラミックスです

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.