治療費について

0120-130-218

営業時間 9:00~18:00(月~金)

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-13-17 松岡ビル4F

治療費について

当医院で行う治療はすべて自由診療となっており、以下で説明する治療費構成を取っております(料金はすべて税別表記)。
なお、インプラント治療は、失った歯の部位や本数・骨や歯茎の状態・患者さまのご希望で治療の方法がお一人お一人違ってくるため、正確な治療費はカウンセリングに受診していただき、診断と患者様のご希望をお伺いした上でご提示しております。また、当医院では、カウンセリング時に御提示した費用以外で治療中に正当な理由無く追加で費用を請求することはございません。

当医院のインプラント治療費の構成

当医院のインプラント治療費は、皆さんに共通して必ず必要な基本料金(①インプラント体の埋入②アバットメントの装着③上部構造の装着)と症例や患者さまの希望によって追加で必要となる料金④⑤⑥で構成されております。

基本料金
インプラント治療費を計算するとき、
必ず必要となる3項目
①インプラントの埋入
骨に埋め込む人工の歯根となるチタンのネジ
②アバットメントの装着
インプラント体と上部構造を繋ぎ、歯茎を貫通させるパーツ
③上部構造(仮歯・本歯)の装着
実際にお口の中に見える歯の部分
+
症例によって必要となる料金
④骨造成
インプラントを埋入する骨がない場合、骨を作るための費用が追加で必要になります。
⑤歯肉移植
歯を抜いた後、歯茎が凹んでしまっている方で、歯茎のレベルで審美性を求める場合は、追加の費用が必要になります。
⑥その他
・抜歯
・難症例加算
・2次手術
・麻酔専門医による沈静麻酔
・定期検診、メンテナンス

基本料金についての詳細と費用

①インプラントの埋入

インプラント(材料費)は製品によって形や表面の処理に違いがあり、それぞれに骨や歯茎の治癒に対して特性があります。患者様の希望及び症例によって製品を選択します。また、インプラント埋入は外科手術であるため、専用の器具・機材(使い捨ての物が多い)の準備や管理の費用が手術管理費用となります。

インプラント体埋入費用
内訳費用
材料費+手術代¥99,800 ~ ¥159,800(インプラント1本あたり)
手術管理費¥50,000(1回の手術)

※症状によって、難症例加算が発生する場合がございます。
難症例加算については⑥をご覧ください。

②アバットメント装着

 アバットメントは、埋入したインプラントと同じ本数が必ず必要になり、歯茎の厚みによって既製のものを選択する場合が多いですが、審美性を必要とする前歯などには歯茎の状態に合わせてオーダーメイドしたものを使用いたします。後者の場合、追加費用が発生します。
また、骨や歯茎の状態によって、アバットメント装着の際に手術が必要な場合があります。必要な場合のみ料金(手術代)を加算させていただいております。詳しくは、⑥その他の2次手術をご覧ください。

内訳費用
材料費+技術代¥29,000(アパットメント1本)

③上部構造(仮歯・本歯)の装着

まずは仮歯の状態で噛み合わせや形態などの細かな修正を行い本歯のシュミレーションを行ったうえで本歯の作成を行います。本歯の材質は様々なものがあり、審美性・強度・費用等で選択します。なお、仮歯は1歯あたり¥20,000の治療費が必要となります。
※インプラント1本に対して1歯ではなく、作製する歯の本数分の費用が必要です。

本歯の材料と特徴
オールセラミックス
  • 陶器。ジルコニアよりは弱いが硬くて白い、変色しない材質。
  • 自然な歯の色とつやを最も再現できます。
  • 歯科技工士が患者様の歯の色に合わせて焼いていく完全オーダーメイドです。
ジルコニア
  • 天然の歯よりも硬いと言われ「人工のダイヤモンド」と呼ばれています。色は白く、変色しない材質。
  • 3Dスキャンで削り出しで作製されます。
  • ジルコニアだけだと天然の歯のような色を出すことが難しいため、前歯等審美的な部分に使用する場合はオールセラミックスをお勧めしております。
ハイブリッドセラミックス
  • 陶器と樹脂が混ざり合った白い材質。
  • 変色はさほどしませんが、長期使用によってツヤが劣化してしまいます。
  • 天然の歯よりもやや柔らかいが、破折やすり減りを起こした場合修正が可能です。
硬質レジン
  • 樹脂(プラスチックの仲間)のため強度が弱い。
  • 吸収性があるため時間の経過と共に変色しますが、劣化に伴い歯だけの作り替えが可能です。
材料ごとの費用
オールセラミックス¥150,000/1歯
ジルコニア¥120,000/1歯
ハイブリッドセラミックス¥90,000/1歯
硬質レジン¥30,000/1歯

 

※仮歯の費用は含まれておりません。

症例別基本料金例

2本連続して歯を失っている症例

2本連続して歯を失っている場合は、失った歯と同じ部分にインプラントを埋める必要があります。

咬み合わせや骨の状態によって、まれに3本のインプラント体が必要になる場合があります。

3本の歯を連続して失っている症例

3本以上の歯を連続して失っている場合は、土台となる骨の状態が良好であれば、2本のインプラントでインプラントブリッジを行うことが可能です。

咬み合わせや骨の状態によって、まれに同じ本数のインプラント体が必要になる場合があります。

すべての歯を失った症例

すべての歯を失った場合、上顎、または下顎に4本~8本(骨の状態によっては追加あり)で固定式のインプラントブリッジを行うことが可能です。

 

症例によって必要となる料金

上記で説明した基本料金とは別に、患者様のご希望や症例、インプラントを埋入できる骨がない場合や歯茎の形を形成する手術が必要な場合、追加の処置が必要となり、治療費が加算されます。

 

④骨造成

現在は骨がなくても骨を増やしてインプラント治療を行う事が可能です。骨造成の方法は骨の形やどの程度骨を増やしたいか等によって選択され、手術方法によって費用が異なります。

<骨造成の一例>

骨造成前

骨造成後
内訳費用
材料費+技術代¥50,000 ~ ¥250,0000

⑤歯肉形成手術

歯茎がやせていて審美的により綺麗に仕上げたい場合や長期的な予後をよくするために歯茎の形成手術を行う場合があります。範囲や歯茎の形によって術式が異なり、費用にも違いがあります。

<歯肉形成の一例>

歯肉形成前

歯肉形成後
内訳費用
材料費+技術代¥50,000 ~ ¥100,0000

⑥その他

抜歯抜歯が必要な場合は、炎症・汚染された組織を除去し、歯茎や骨の形成を行います。
費用:¥23,000(1歯)
難症例加算骨には神経や空洞があり、症例によっては0.5㎜の誤差も許されないピンポイントの位置・深さ・角度で埋入しなければならない場合があります。そのような場合はガイドなど特別な器具を使用するため追加の費用をいただいております。
費用:¥20,000 ~ ¥60,000(インプラント1本あたり)
2次手術インプラントの埋入手術を行った時の状態がAの場合(骨にインプラントを埋めた後、歯茎で覆う術式)歯肉を貫通させる手術が必要になります。インプラントを埋入した際にBの状態まで行えている場合はこの手術は必要有りません。
費用:¥50,000(インプラント1本あたり)
麻酔医による鎮静麻酔精神の緊張状態を緩和させる薬を直接静脈に注入します(点滴)。ほとんどが眠っているような状態になり、目覚めたときはあっという間に手術が終わってしまったような感覚で手術を行う事ができます。
費用:¥100,000(手術1回あたり)
※定期検診・メンテナンスについて

行ったインプラント治療を長期的に良い状態を保つためには定期的な検診と適切なメンテナンスが最も重要です。当医院の規定する治療とメンテナンスを確実に受けて頂いている方は、万が一のインプラントの再治療に対して一生保証制度をご提案しております。

 

 

医療費控除のお知らせ

自費治療が高額になった場合、医療費控除の申告の対象となる場合があります。
※家族構成(所得無の妻、17歳と12歳の子)、会社保険料負担50万円、生命保険料10万円、個人年金10万円の、長期損害保険2万円のお支払い有りの場合(平成19年現在)詳しくはお近くの税務署へお問い合わせください。
top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.